ベルフェイスデモ体験 アスクルサイト ハッピーのInstagram

社員インタビュー

時代の変化に対応した、
新しい働き方を実践している会社です。

メンバー

DX営業グループ 八木さん(函館本店勤務)
DX営業グループ 北山さん(苫小牧支店勤務)
※この対談はオンラインで行われました

社員対談 イメージ01

一日の流れ(八木)

一日の流れ

一日の流れ(北山)

一日の流れ

入社のきっかけを教えてください。

八木:通っていた大学の推薦企業だったことと、周囲から勧められたことがきっかけです。
北山:地元の就職先を探していた際に求人を見つけて応募しました。社歴の長い会社で働いてみたいということ、そして求人条件が自分にマッチしていると感じたことの2点が主な志望動機です。

おふたりは現在DX営業グループに所属されていますが、DXとは具体的にどのようなことだと考えていますか。

八木:「デジタル化で豊かになること」だと思っています。身近なところで言うと、スマートフォンが普及したことによって買い物がしやすくなったり、また何処にいてもゲームができるようになったりしましたよね。それを今度はビジネスで実現していく、経営のほうにもデジタル化を生かしていく、というのがDXだと考えます。
北山:例えば紙をスキャンしてPDFにすることはよくありますよね。このデータ化すること自体はあくまで“IT化(デジタル化)”であって、DXではありません。そもそも何故紙をPDFにしたいのか?そこには目的――検索時間の短縮、スペースの削減等――があるはずで、正確なDXの定義とは異なるかもしれませんが、「IT化(デジタル化)によってやりたいことを実現する、従来のやり方を変えていく」のがDXだと考えています。

入社してから変わったなぁと思うこと、その変化に対する所感を教えてください。

八木:一番の変化は働き方です。入社した頃と比べると、まず当社で取り扱う製品や提供するサービスが大きく変わりました。それに伴い、営業スタイルも訪問型から集客型へと変化していき、今では電話やメール、オンライン商談システムなどを利用したインサイドセールスの比率も高くなりました。
北山:確かに働き方や仕事の内容は大きく変化したと感じます。機器の保守点検や修理などに関わるサービス部門に長く従事していましたが、以前は取り扱う機器の台数自体も多く、一日の中でたくさんのお客様のもとへ足を運ぶのが当たり前でした。
八木:昔はインサイドツールもなかったし、お客様の認識としても対面・訪問が当たり前でしたからね。それこそ朝は9時半前には会社を出て、戻ってくるのは17時半以降というのがほとんどで…
北山:そこから社内で必要な業務を行うと、必然的に帰る時間は遅くなるし残業時間も多くなるという…。また、以前は手書き伝票が多くて時間をとられていましたが、今はペーパーレス化が進んだことで作業効率が上がり、残業時間の大幅な削減につながりました。

社員対談 イメージ02

今当社で実践している「Kond Style=新しい働き方」をどのように発信していきたいと考えていますか。

八木:まずは当社で実施しているオフィスツアー/バーチャルツアーを通して、お客様の抱える経営課題を一緒に考えていきたいですね。新型コロナウィルスの影響により、私たちの生活環境は一変し、ビジネスや社会の在り方、個人の価値観も大きく変化しています。このような環境に対応することは必須の経営課題ですし、企業は常に成長して継続発展していかなければなりません。当社ではそのような環境の変化に対応するために、クラウドの利用開始やペーパーレス化、健康経営の実践などを進めて、働き方を大きく変えていきました。
「Kond Style=新しい働き方」を全社員で実践しておりますので、ツアーを通じて、お客様にもご体感いただきたいと考えています。
北山:お客様の経営課題を精査すると、必ず解決手段としてIT技術が出てきます。会社のバックアップを受けて昨年ITコーディネータの資格を取得しましたが、その学習を通じて学んだ経営についての考え方と、これまでの仕事を通じて得てきたITに関する知識を結び付けて課題を解決し、お客様の業績向上につながるような提案を行っていきたいですね。
人口減の世の中ということもあり、お客様から「人を募集しても来ない」という話を伺う機会も多いのですが、「人がいないと困る」ということの裏に本当の経営課題があると私は考えます。従来通りのやり方を続けていても業務の付加価値は上がらないし、業績にも結び付きません。当社は様々な変革を行い、ITを活用しながら業績を上げてきたため、その取り組みをお客様へ知っていただき、共に成長できる関係を築いていきたいですね。また、そういったDXにはリスク対策やルール設定も必要になってくるため、セキュリティ強化や情報セキュリティポリシーの重要性も併せて発信していきたいと考えています。

社員対談 イメージ03

将来の近藤商会メンバーへ

八木:当社では「人」を最重要視しております。
働きやすい環境が揃っているだけではなく、人事制度や資格取得推進など、会社が社員の成長を支援する体制が整っております。
まずは「自分は将来どんな人になりたいか」「将来どんな生活を送りたいか」などの未来像を描き、やりがいを持って仕事をしていくことで成長にもつながっていくと思います。近藤商会は顧客へ「新しい働き方」を提供していますワクワクする仕事です。是非一緒にやってみませんか。
北山:近藤商会は社員の幸せを経営理念としている会社です。
道のりは決して甘くはないですが情熱をもって働く人は必ず成功できる職場です。職場の環境も整備されており、いろいろなワークスタイルにも対応できます。 自分や家族の幸せのために頑張れる人を歓迎します。