社員インタビュー

一人一人が力を出し合っている職場です。

株式会社近藤商会
 営業1課 係長 奥山 直之

これまでの経歴を教えてください。

地元の工業高校を卒業後、市内で電気工事士をしておりましたが怪我をしてしまい当社へ転職、中途採用で入社しました。
入社後は8年間、当社取扱い機器の保守点検、修理業務を担当するサービス部門に所属。
その後営業を経験し、現在は営業兼サービスとして従事しております。

奥山 直之 インタビュー イメージ01

入社を決めたきっかけは何ですか

私が転職活動で求めていたことは、「より多くの人と、深く関わること」でした。そこで、「より顧客のニーズに深く対応できる職」を探し、当社に出会いました。

当時面接試験に来た際、窓口の方の対応が非常に好印象、社内も賑やかで雰囲気も良く、より当社に惹かれたのを覚えています。それが決め手となりました。

入社後も、入社前に受けた印象通りでギャップも無く、優しい先輩方のサポートもあり、すんなりと当社の一員として馴染むことができました。

近藤商会を一言で表すと

「エネルギー・力のある会社」です。
社長の相川をはじめ、社員全員がエネルギッシュに勤務しております。また、社員一人一人が老若男女にかかわらず持てる力を出し合い協力し合っており、更に大きな力として当社のカラーになっております。
新たな取組みも盛んに行っており、全員で有限実行し成し遂げようという思いで業務に邁進しております。そのため仕事をする際の雰囲気は「ピリッ」と締まっており、社会人の基本ではありますが、社内外への挨拶など「当たり前のことを、確実に行う」ことが、自ずと出来る環境が根付いています。

奥山 直之 インタビュー イメージ02

将来の近藤商会メンバーへ。

私が新しく入社される方に期待することは「元気である事」です。私もそうでしたが、入社するということは自身の環境が変わるということです。新たな環境に慣れることも、新しい物事に取組むこともエネルギーが必要となり簡単なことではありません。またその中で、更に向上心を持ち続け、仕事もプライベートも充実したものにするには「元気である事」がとても大切です。業務の知識や経験は、入社後に徐々に積み重ねることが可能ですが、「元気である事」で、それらがよりいっそう活きます。前のめりで、どんどんぶつかってくるくらい元気で勢いのある皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしております。