ベルフェイスデモ体験 アスクルサイト ハッピーのInstagram

社員インタビュー

一人一人が自分の考えを持ち、チャレンジできる会社です。

アスクル事業部 清水さん

一日の流れ

一日の流れ
清水 ちはる インタビュー イメージ

これまでの経歴を教えてください。

私は空知出身で、札幌の大学を卒業後、新卒として当社へ入社しました。入社後3年間は営業部門で経験を積み、その後1年間総務部門を担当。現在はアスクル事業部に所属し、アスクル/ソロエルアリーナの新規提案、ならびに利用時 のサポートを中心とした業務に従事していますが、総務担当のお客様とやりとりすることが多く、自身の経験をふまえて、お客様の課題解決につながるような提案ができるよう努めています。

入社を決めたきっかけは何ですか

生まれ育った北海道へ貢献したいという想いが強くあり、道内の企業を希望して就職活動を行っているなか、学校の就職サポート課からの紹介で当社を知りました。学生時代に学んでいた情報系の知識を生かせそうな職場だと感じたというのもありますが、実際に面接試験で会社へ来た際、先輩方の明るい挨拶や楽しそうに働く雰囲気に惹かれたことが入社の一番の決め手です。

入社してから変わったなぁと思うこと、その変化に対する所感を教えてください

インサイドセールスへの転換です。アスクル事業部に配属された当初は訪問型営業が主体であったため、北海道~東北のお客様のもとへ実際に足を運んで提案活動を行っていました。そうすると移動時間がかかるだけでなく、行ける範囲にも限度がありましたが、インサイドセールスへ転換したことで、時間や場所を問わずに新規開拓ができるようになりました。またサポート業務においても、ベルフェイスを繋いでお客様と画面を共有することで、訪問対応時と同様に、且つ、よりスピーディーに対応できていることを実感しています。

清水 ちはる インタビュー イメージ02

結婚・出産を経て、お子さんを育てながら現在仕事を続けていらっしゃいますが、ライフステージの変化が仕事に与えた影響はありましたでしょうか

確かに結婚・出産したことで生活リズムは大きく変わりました。「家族のために自分は何ができるのか」という想いが強くなり、それが仕事へのモチベーションにつながっているだけでなく、仕事に対する意識の変化――指示されたものだけこなすのではなく、自ら考えて発信していく姿勢――にもつながったような気がします。
また、私は出産後すぐに仕事へ復帰しましたが、それを実現できたのは家族の支えはもちろんのこと、当社にテレワークを行える環境・制度があったからこそだと思っています。現在は出社とテレワークを併用していますが、在宅の際も出社時と変わりなく業務が行えており、また社内外問わず相談を持ち掛けられることも多くあるため、非常にやりがいを感じながら仕事へ取り組むことができています。

今後のキャリア形成について教えてください

後輩も増えてきたため、今後は後輩のスキルアップに貢献できるようになりたいと考えています。そのためにも自分自身に磨きをかけ、後輩の良き手本となれるように日々成長していきたいです。

清水 ちはる インタビュー イメージ

将来の近藤商会メンバーへ。

「笑顔で仕事をし、自分の考えを持ってチャレンジすること」が一番大切なことだと私は思います。というのも、私自身、入社当初にある先輩から“失敗を恐れずにチャレンジすることが大切”というアドバイスをいただき、これまで様々なことに挑戦してきたからです。時にはくじけそうになることもありましたが、時間はかかっても諦めずに挑み続けた結果、目標を達成できたことが今の自分の自信になっています。
新しいことに一歩踏み出すのはとても怖いことかもしれません。
ですが、それを乗り越えることが、きっと自身の成長につながるはずです。皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています!