社員インタビュー

一人一人が自分の考えを持ち、チャレンジできる会社です。

株式会社近藤商会
 アスクル事業部 清水 ちはる

これまでの経歴を教えてください。

私は空知出身で、札幌の大学を卒業後、新卒として入社し現在5年目になります。
入社後3年間は営業部門。その後、1年間総務を担当し、現在は新設のアスクル事業部に所属しています。電話での新規顧客獲得やご利用のサポートといった社内での仕事が多いですが、場合によっては道内・東北への出張へ行くこともあります。
自分自身が、営業と総務のどちらの経験もあるため、その経験を活かしてお客様への提案活動を行っています。

清水 ちはる インタビュー イメージ

入社を決めたきっかけは何ですか

当時の私は、「社会人として生活する」ということに不安を抱えており、できるだけ大好きな地元の近くや道内での就職を希望し、当社に出会いました。
当社は本店が函館ということもあり、私の出身の空知からは少し離れ不安でしたが、面接試験に来た際、先輩方の明るい挨拶や楽しそうに働く雰囲気に安心したのを覚えています。
それが決め手となりました。
今では、地元を離れたからこその発見もある等、充実した毎日を過ごしています。

近藤商会を一言で表すと

「協力体制が整っている会社」
当社は、目標に向かって全社員一丸となり協力し合いながら仕事をしています。
そのため、他部署の社員ともお互いを思いやり、気にかけあっています。
私自身、入社したばかりで右も左もわからない時、先輩方から部署の垣根を越えて社会人としてのマナーや業務内容の詳細や注意点などを教えていただく等、手厚くサポートしていただいた経験があります。

清水 ちはる インタビュー イメージ

将来の近藤商会メンバーへ。

「元気で自分の考えを持ちチャレンジすること」が一番大切だと思います。私は入社時に先輩から、「失敗することを恐れずチャレンジすることが大切」とアドバイスをいただきました。会社としても資格取得補助の制度がある等、新しいことに前向きに挑戦することを奨励しています。また、資格だけでなく自社の業務内容の改善も行っており、働きやすい環境が整備されています。「やる気・想い」が形になるこの環境で、一緒に働ける日を楽しみに待っています。